東京開催・参加者の声

2010年08月23日

他人の声を聴こうとする
(他人の存在を受け止めようとする)こと、
そしてそのために試行錯誤することが、

自分自身を知り、
自分自身の思考と行動の癖を知ることであり、

それを実行するみんなが
回を重ねるごとにキラキラと笑顔が輝き、変化し、
まなざしが柔らかく深くなる様子をみられたのは

私にとってはとても素敵な体験でした。

人って変化していけるんだな、すごいな!
ひとってすてきだな〜〜!って
素直に感じさせてもらえました。

          (第4期生・ももきゅ〜)




posted by かめわざ@関西スタッフ at 09:19 | Comment(0) | 参加された方の声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

札幌開催・参加者の声

2010年08月19日

2010年7月に開催された、
札幌での「『聴く』を磨く」講座。

参加者のみなさんがアンケートに書いてくださった内容を
一部ご紹介します。


@HN くまこさん

・2日間の講座の中で印象に残っているワーク
後ろ向きに座っている人に向かって声を飛ばすワーク。
“目玉オヤジ”を意識して話しを聞くワーク。
言って欲しい言葉を言ってもらうワーク。

・講座の内容や進行について
2日間のギュウギュウ詰め講座でしたから、
盛りだくさんのワークに、とにかく“体当たり”するだけで精一杯(^^;)

・全体を通してのご意見・ご感想
『かめわざ』ですから、メモをとる気は一切なし。
何にも考えずワークをこなし、全部終わってから
“体”と“心”と“頭”に残っているものがあれば、それでいいやー、というスタンスでした(^^;)

自己紹介でも言いましたが、『聴くを磨く』をそっちのけで、自分の“デトックス”をメインに参加した不届き者です(殴)。結果的には、それで良かったのかな、と思ったり。人の話を聴こうにも、自分の“準備”ができていなかったら、何にも聴こえてこないんだ、と、実感できたような気がします。
「×を減らして○を増やそう」というより、「×の上から○をつけちゃえ!」と思えた講座でした(^^;)


↓続きは↓↓で♪
受講者アンケートより その1
受講者アンケートより その2


++∞+-------+∞+

ああ・・・・
早く私もやってみたーい!

そんな気持ちになりました(笑





posted by かめわざ@関西スタッフ at 15:45 | Comment(0) | 参加された方の声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京開催・参加者の声

東京で既に第4期まで終了し、第5期目の申込受付が始まっている
「『聴く』を磨く」講座

参加者のみなさんからの感想をいくつかご紹介します☆


*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*


聴くことについてのスキルアップの講座
だと思っていました。

ところがスキルはもちろん、
自分のあり方まで問われるような内容でした。

他でスキルをならったけど、
なにかが違う、なにかが足りない

と感じられた方にぜひお薦めします。

          (第4期生 I )


*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*


講座でのいろいろな発見は、
自分と向き合うことでもあった
ように思います。

よく理解できたときは、
自分とも、相手とも向き合えて、
体感できたからなのかなと思います。

逆に、難しいと感じたときは、
自分と向き合えていなかったり、
自分に余裕がないときだった気がします。

『聴く』ということを、
ここまで具体的に体感できたこと、
その機会に出逢えたことに、
心から感謝しています。

他のひとにも、伝えたい、
みんなに体験してもらいたいと
思いました。

          (第3期生・E)


*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*


この講座の面白いところは、

聴くということを入口にして、
自分との向き合い方、他人との向き合い方、を
考えざるをえなくなるところだと思います。

ちなみに副産物として、
今まで苦手で避けていた人が、
講座で習ったことのよい練習相手になるため、
こちらから近づいていくようになりました。

すると意外な事が…

あとは受講してのお楽しみです。
ぜひ体験してみてください。

          (第4期生・きんた)


*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*


「聴く」とは、「感じる」こと…。

それは初回から貫かれていることであり
頭ではわかっているつもりでいましたが

わたしがそれを本当の意味でつかみかけたのは
第3回目のことでした。

たとえて言うなら
音楽が身体に染みこんでいくような
そんな体感覚でした。

たぶん人によって
その「何か」をつかめるのがどのワークになるのか、
その「何か」はなんなのか、
違うんだろうと思います。

でも一緒に参加したみなさんのシェアから考えても
それぞれが何らかのワーク、あるいは全体から
確かに「何か」を得ている。

それを強く感じましたし、
それだけバラエティに富むワークが
用意されていると思います。

できるだけたくさんの人に
この体感覚を感じてほしいです。

講座が終わってからも
人間という生きものの愛おしさを感じる毎日です。

          (第4期生・山田真美子)



posted by かめわざ@関西スタッフ at 13:24 | Comment(0) | 参加された方の声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。